ゲーム・オブ・スローンズシーズン7の終了の説明

沿って クレア・ウィリアムス/2017年8月29日8:28 am EDT

シーズン7 ゲーム・オブ・スローンズフィナーレは多くの燃えるような質問に答えました—しかし、すべての良いショーがそうであるように、それはさらに答えられないままにしました。このような複雑な世界とストーリーでは、キャラクターのインタラクションとシーンのより深い意味合いが常にすぐにわかるとは限りません。中を見てみましょう 'ドラゴンとオオカミ'何を逃したかを確認し、シリーズの第8シーズンと最終シーズンの潜在的な影響を調査します。

彼が愛のためにやること

ジョンがドラゴンピットで大失敗した後の、ティリオンとセルセイの間の非常に緊迫した会話について話を始めましょう。セルセイはまだタイリオンを明らかに嫌っており、ジョフリーを殺害しなかったことが今でもわかっているにもかかわらず、ミルセラとトメンの死を含めて、彼女を襲った他のすべてのことを彼女はまだ彼のせいにしている。セルセイがタイリオンが姪と甥を愛していたことを知っているので、これは彼女がプレーするための重要なポイントでした。それが彼女の微妙な「お腹に手をかける」動きがまったくそれほど微妙ではなかった理由であり、そして彼女が山にティリオンを殺すという強い衝動に抵抗しなければならなかった理由です。セルセイは、ティリオンに自分が妊娠していることを知らせたいと思っていました。



セルセイは、彼女が妊娠していることに気付いたと彼女が不満に思っていることをタイリオンに信じさせたかった。彼女は、彼が胎児に感じるであろう自動的な家族愛が彼が休戦についての彼女の曲をとても簡単に変えているという事実に彼を盲目にすることを知っていました。一部の視聴者は、会話の終わりが画面に表示されなかったため、TyrionがCerseiと現在リーグにあると理論化しています。しかし、Cerseiがハイメに告げさえしなかったときに、ティリオンにダブルクロスについて知らせても意味がありません。答えははるかに簡単です。彼女はティリオンをバイオリンのように演奏しましたが、彼はそれに負けました。 DaenerysとJonが北に離れている間、Cerseiは彼女の立場を固め、Dragonstone自体のためにプレーすることさえできるでしょう。

ユーロンは見た目より賢い

ユーロンはドラゴンピットミーティングでバカを演じているように見えましたが、行の間に読むべきことがもっとたくさんあります。ユーロンは、セルセイが停戦に「同意」した場合、嘘をつくことを最初から知っていた。彼はゴールデンカンパニーをフェリーバックするためにエッソスに行くことを知っていました。 Euronをクラスクラウンの連勝を持つワイルドカードとして却下するのは簡単ですが、実際には彼は1つのスマートな(ほんの少し狂ったように)Cookieです。ドワーフのジョークとゴードテオンを作るために、セルセイがユーロンがタイリオンを妨害することに実際に動揺したことを一瞬信じないでください。ユーロンのふざけた態度はターガリエン同盟を不利な立場に置きました。なぜならそれは彼らから会議の支配を一時的にさえも奪ったからです。ユーロンのからかいには、ダニーから残りのアイアンボーンを奪うというボーナス効果がありました。彼らは少数ですが、彼らの海軍での経験は貴重だったかもしれません。Unsulliedは船乗りではありません。

さらに、CerseiとEuronが彼の「暴走」行為を事前に計画する方法はありませんでした。彼らには、ドラゴンピットの内部で何を見ようとしているのかを知る方法がありませんでした。それは、クロウの目からインスピレーションを得たちょっとしたインスピレーションでした。喫煙の海を航海した男であるユーロンは、いつから何かを恐れていましたか?



リトルフィンガーの没落

シーズン7のWinterfell計画の最終決議は歓迎すべき救済でしたが、混乱したかもしれません。エピソードの早い段階でさえ、サンサはベーリッシュ卿の嘘に完全に引き込まれているようで、アリアがウィンターフェルに戻って以来、スターク姉妹の両方が奇妙な行動をとっていました。それで何が起こっていたのですか? Littlefingerはほぼ両方を演奏しましたか、それともずっと彼をひもでつないでいましたか?姉妹とブランは確かにリトルフィンガーの裁判では同じページにいたが、答えは真ん中のどこかにあるようだ。 Sansaは確かにしばらくの間暗闇の中にあり、これは彼女の妹Littlefingerの本当の性質を示すためのAryaの見事な劇のようです。

アーヤは、リトルフィンガーがシーズンの初めにウィンターフェルにいることを知ったとき、彼女の最初の質問は、「彼はここで何をしているのですか?」サンサが重要ではないものとしてそれを払いのけたという彼女の通知を逃れませんでした-「ああ、彼は北に誓った」-同時に、ブランにリトルフィンガーが信頼されていないことを警告した。後に、アーヤは、サンサが弁護のためにリトルフィンガーに大きく依存しているように見え、明らかに彼女自身の助言に耳を傾けていなかったようだ。彼女は、サンサがベーリッシュの周りで自己満足していることに気づき、彼を暴露しようと試みます。

彼らの議論の歴史を考えると、アーリアはサンサにベーリッシュを取り除くように単に言うことができませんでした。彼女は彼女を見せなければなりませんでした。アーヤがリトルフィンガーの共犯者になっていないことを確認するために、アーヤが途中でサンサを少しテストしたことは間違いありませんが、アーヤがサンサがラニスターズに仕えることについて彼女が言ったことすべてを実際に信じた方法はありません。 Sansaの取り込みは少し遅かったかもしれませんが、Aryaは嫌いです。あなたは長い道のりを歩んできました。



ハイメの選択

セルセイは本当にこれで犬を台無しにしました。彼女のパラノイアはさらに深まり、ジョンとデナリスをダブルクロスする計画についてハイメに話しさえしなかったほどです。そしてすべては、ハイメが彼女に出席するようにだまされたことをティリオンとの会合について事前に彼女に伝えなかったからですか?彼女の社会性と狂気は今シーズン本当に新しい高みに達しました、そして山が彼の剣を引くときに演奏し始める音楽的なテーマは「七つの光」からのものであることに注目するのは興味深いことです。ベーラー。翻訳:ハイメは今や彼女の敵です。

20年前にキングズランディングの略奪の際にハイメが直面した選択と同様に、彼女は彼に記入しないことで、正しいことをするか、自分の義務を果たすかを選択するように強いました。このようにハイメを裏切ることで、彼女はついに彼を遠ざけることに成功しました。本当に最後の人を彼女の側で失ったことに加えて、Cerseiは大きな戦略上の利点を捨てました。ハイメがウィンターフェルに到着したときに彼女がしたことを説明するので、彼女の裏切りの驚きの要素はすべて失われました。

ブランのフラッシュバック

シリーズ全体で最も期待されていたシーンの中で、ブランとサムはジョンの歴史をつなぎ合わせ、レーガーとリアナの結婚式にフラッシュバックしました。ブランが説明するように、これはすべてを変えます。レーガーがエリアとの結婚を無効にしたとき、彼女と一緒にいた彼の子供たち(レーニーとエイゴン)は不法になった。彼らはもはや継承の順序の一部ではありませんでした。エリアと彼女の子供たちがキングズランディングの袋で殺されたとき、リーニーズとエイゴンは野郎として亡くなりました。 RhaegarがLyannaと一緒にいるかもしれない子供だけが真のTargaryensになります。



RhaegarはMad King Aerysの相続人であり、Lyannaの胎児はRhaegarの相続人でした。トライデントでレーガーが亡くなったとき、それはリアナの生まれていない息子をエーリスの相続人にした。そのため、喜びの塔を守る3人のキングスガードがいましたが、バイザリーズとデナリーズを擁するキングスガードはいませんでした。エアリスがハイメの手で死んだとき、生まれたばかりのジョンは本当に正当なウェステロスの王でした。

なぜレーガーはジョンにエリアと一緒の他の息子と同じ名前を付けたのですか?彼らの結婚が無効にされたので、エリアの子供たちが決して起こらなかったようでした。レーガーは約束された王子の預言に取りつかれていました。彼は約束された救世主(そして将来のウェステロスの王)がエイゴンと名付けられることを望んだ。彼はジョンが予言の成就であることを知っていて、彼に同じ名前を付けました。



スタークとグレイジョイ

ジョンストンとジョンの間のドラゴンストーンのシーンは予想外でしたが、ジョンが最初にテオンをいくつかのエピソードで見たときからのジョンの態度の歓迎すべき変化でした。テオンは大きな困難を乗り越え、当初から明らかだった闘争、つまりグレイジョイとスタークの世界の間で引き裂かれるという内なる葛藤を明確に表現することができました。彼はグレイジョイとして生まれましたが、スタークによって育てられました。

彼の生涯を通じて、セオンはどちらか一方になるために一生懸命努力しており、常に自分の一部を裏切るように感じています。ジョンはテオンに過去の悪行に対して少しの赦しといくつかの素晴らしいアドバイスを与えました:あなたが選ぶ必要はありません。バロン・グレイジョイは血でテオンの父でしたが、彼はネッド・スタークの息子でした。セオンは、自分に忠実である限り、両方の記憶を等しく尊重することができます。スタークになる そして グレイジョイ。ビーチでのテオンのハラグとの戦いは、テオンが海水で顔を洗ったときに完了した、一種の再生である。死んだものは決して死ぬことはありません。

忠誠の質問

ハイメの忠誠は確かに問題になっているが、彼がセルセイを放棄した今、彼の忠誠心が空中に浮かぶことができる唯一のものではない。彼の名誉のために、ハイメは一人にして、他の人に彼に加わるように説得してセルセイを裏切ろうとはしなかった。そうは言っても、彼の不在はすぐに気づかれ、特にRandyll Tarlyの死後、鋭く感じられるでしょう。そのため、セルセイには経験豊富な軍人がほとんどいないため、残りの部隊を率いることができません。ブロンが何をするかという問題もあります。ドラゴンピットでの会合の前に、ティリオンが売り剣に触手を出すのを見ました、そして、ブロンは彼が約束された城についてハイメに不平を言うことについて恥ずかしがり屋ではありませんでした。

ハイメがいなくなったら、セルセイは彼を彼女の軍の責任者にすることができたと考えられますが、それが起こらない大きな理由が2つあります。まず第一に、ブロンはハイメと良好な関係を築いていますが、セルセイはブロンがハイムとティリオンの間の会議を設定するために死んだことを望んでいます。彼女の不合理な行動を考えると、彼女はハイムが去ったことをブロンのせいにするかもしれません。次に、ブロンの合意は、セルセイではなくハイメとの合意でした。彼がブラックウォーターラッシュから彼を引き抜いた後、彼がハイメに言ったように、「私が借りているものを手に入れるまで、私だけがあなたを殺すことができます。」

夜の王と戦うために逃げるハイメは、ブロンの財務上の利益を助長するようには聞こえません。最後に、俳優の間の現実のドラマがいくつかあるため、ブロンがセルセイに仕えるのに遅れをとることはないだろうと考えています。まだ2つ お互いの周りに立つのに我慢できない。彼らは一緒にシーンを撮影しません ゲーム・オブ・スローンズこれは、ブロンがドラゴンピットミーティングの前にポドリックを飲んだ理由を説明しています。

ナイトキングのマウント

Viserionはアイスドラゴンではありませんが、アンデッドであることには確かにいくつかの特典があります。ドラゴンは私たちが以前に見たよりも速く空中で操縦しやすいようで、それらの奇妙な青い炎は非常に印象的でした。また、Viserionが彼の炎の攻撃をかなり長い間使用できたことに気づいたかもしれません。ある時点で、彼は壁の一部を1分間連続して炎につけました。これは、アンデッドドラゴンが息をするために攻撃を停止する必要がないことを理解している場合に意味があります。アンデッドドラゴンが今でも腐っている腺から火を作り出すことができるという論理には入りません。これは結局のところ、ファンタジーシリーズです。

腐敗といえば、ナイトキングの新しいマウントには1つの大きな弱点があります。それは分解です。アンデッド軍が壁に到着するまでの間に、ヴィセリオンは腐敗し始めました。これらのコウモリのようなドラゴンの翼はもともと壊れやすく、今ではViserionにはいくつかの穴があります。北部の寒い気候では分解速度が確実に遅くなりますが、最終的にはViserionの翼が穴で覆われすぎて地面から離れることができない場合があります。さらに、他のアンデッド(クマなど)は、死後非常に引火しやすいようです。これはViserionにも当てはまる可能性があります。つまり、Daenerysによる1か所の適切なストライキにより、Night Kingのマウントが永久にダウンする可能性があります。

大戦争

手がかりがすべて集まるのを見た後、生と死の間の戦争がウィンターフェルの近くのどこかで発生する可能性が最も高いようです。主要なプレーヤーのほとんどすべてがすでにWinterfellにいるか、そこに向かっています。まもなく、より多くの顔が現れるでしょう。彼らはフィナーレでベリックとトルムンドの死を明示していませんでした、そして生き残ったイーストウォッチの壁の部分の上にまだナイトの時計の構造が残っていました。これらの2人がキャッスルブラックにハイキングに出かけ、ドロラスエドと残りのナイトズウォッチをウィンターフェルに戻しても驚かないでください。

Winterfellで戦闘が発生した場合、それは生活にとって良いことかもしれません。ウィンターフェルは、開いた平原の高い位置にあり、高い石造りの壁でしっかりと建てられています。ただし、壁はドラゴンを入れないことは明らかです。しかし、Winterfellにはもう1つの大きな利点があります。それは地下室です。ナイトキングが地下に埋められたスタークの先祖に彼の育成力を使用できない限り、大きな地下施設は激しい攻撃に耐え、ジョンの軍隊に避難所を提供することができます。頭のないアンデッドのネッドがさまよっているのを見たいと思う人はいません。

ジョンとデナーリスの未来

多くのファンがジョンとデナーリスがお互いに感情を抱き合うのを見ることを間違いなく元気づけていたが、彼らは問題をすでによりもさらに複雑にしただけだ。ボートに乗っているシーンで、ティリオンの顔にこれを見ることができました。彼は心配しています。彼はジョンが好きで、デナーリスを完全に信じていますが、愛は常に問題を複雑にします。

北の領主が彼らの王が膝をデネリスに曲げたことを知ることにどう反応するかという大きな問題があります。ジョンが彼女が何であるかについてダニーに会うことを望んでいるにもかかわらず、とげのある領主の中には、特に彼がドラゴンクイーンに打たれたために彼らの王がひざまずいたと信じている場合、彼の大義を無視することを決定するかもしれません。

さらに悪いことに、ブランとサムの啓示は、同盟全体を崩壊させようと脅迫しています。ジョンは自分がろくでなしではなく、レーガーとリアナの生まれながらの息子ではないことを知って、どう反応しますか?さらに、彼が叔母に恋をしていること、そして技術的には彼女よりも鉄の玉座へのより良い主張を持っていることを彼が理解したとき、彼はどのように反応しますか?ジョンを知っている場合、テオンへの彼のアドバイスは、迫り来るアイデンティティの危機にどう対処するかを予見させるかもしれません。彼は選択する必要はありません。彼はオオカミとドラゴンの両方を称えることができます。