ヨシが舌を突き出す理由についての暗い真実

任天堂 沿って AJコールフィールド/2017年9月28日16:59午後EDT/更新日:2017年11月7日14:15午後EDT

遊んだことのある人 スーパーマリオワールドヨシとマリオが各レベルを勇敢に駆け巡るように、ヨシは 2015年頃のマイリーサイラス もちろん、マリオの指揮で彼の舌で特定のアイテムをつかむために。好きな口ひげを生やした配管工は単にヨシに彼の前にあるものをすくい上げるように言っているだけだと主張するプレイヤーもいましたが、他のプレイヤーはもっと不吉な提案をしました:マリオは ヨシを頭に打ち込む

そして、結局のところ、後者のグループの人々は完全に正しいです。



任天堂の公式サイトでのインタビュー(コタク)、スーパーマリオワールド 開発者の手塚貴史と日野重文は、ヨッシーのキャラクターがどのように進化し、彼の非常に話題になった舌のアニメーションを含む彼のデザインの特定の要素に触れたかについて話しました。

「マリオが指を前に向けている間、彼は「行く」と言っていると多くの人が思う、そしてヨシの舌が出てくる」と日野は言った。 「しかし、私が描いた設定は、マリオがヨッシーを頭に打ち込むと、キャラクターの舌が驚いて飛び出るというものでした。」

日野はまた、ヨシにアイテムを拾うよう指示したときのマリオの発言にもコメントし、元々音の噛み方はまったく異なるものであったことを明らかにしました。 「さらに、追加された「バップ」サウンドがありました(マリオがヨッシーをパンチしたとき)。しかし、人々は「貧しいヨシ」と言うように思えたので、マリオが「行く」と言っているのはそのためです。



手塚はそれから、愛らしい緑の恐竜がどのようになったかについて話しました。開発者によると、宮本茂氏は当初、マリオに馬に乗ってほしかった。 『私たちが作ったとき(スーパーマリオブラザーズ3)、彼は馬に乗っているマリオの絵を描いて、彼が座っている場所の隣の壁にそれを置いていました。それを見て、「マリオに何か乗ってもらいたい」と思った。それで、スーパーマリオワールドを作るときに、この「恐竜の土地」というコンセプトがあり、日野に爬虫類型のアートを描いてもらいました」と手塚は説明した。

「当初、私が持っていたキーワードは「馬」だったので、かなり後で何かを想像し、しばらくの間、大きなトカゲ型の生き物を描きました」と、日野は付け加えました。残りのマリオ 世界。いくつかの変更を加えた後、日野と手塚はより可愛らしいキャラクターを思い付き、後にヨシになった。

悲しいことに、そのかわいい新しいデザインは、貧しい人が頭にうんざりすることから救いませんでした。